株式会社 秀電社

就職活動中の皆さん。秀電社で「施工管理」をやってみませんか? 2018年3月16日 金曜日

みなさん、こんにちは。SHUDEN,ON TIMEです。
秀電社は、3月13日(火)、福岡工業大学で開催された「合同企業説明会」に参加させていただき、説明ブースを訪ねてきた多くの学生の皆さんと会って、和やかに、真剣に、話をしてきました。

その中で、多くの学生さん達から出たキーワードが、弊社で求人募集している「施工管理」でした。
ですから、今回は、施工管理に関して、お話をしたいと思います。

 

一般的に、施工管理とは、現場代理人と言われる現場責任者が担う監督のような仕事で、
独り立ちできるようになるには一般的に3年から5年かかります。

多くの関係部署との調整をこなし続けるタフな仕事ではありますが、会社の看板を背負い、
自分が軸となって全てのとりまとめを行えた時や発注元の厳しい検査をパスして無事に引き渡しができた時、更にお褒めの言葉や感謝の言葉を頂いた時は、何にも変えがたい心からの達成感を味わうことができます。

「スケジュール管理が得意な人」や「周りを巻き込むコミュニケーションが得意な人」は施工管理の仕事に向いています。

 

さて、ここからは、秀電社の施工管理のお話です。

社員一人一人の技術力を大事にしている秀電社では、先ず各現場の施工でしっかりと基礎を身につけてもらい、業務についてもらうことになります。「アタリマエじゃん」と思う方もいるかも知れませんが、この現実が難しいのです。

一人前の技術者として、施工管理者を育てるのには、時間、費用、手間、施工機会など、実に多種で多大なコストがかかります。

採用後に最初から施工管理につくような会社もありますが、私達は本当の意味で、将来あなたが大きな舞台に立てるようしっかりと準備の段階を用意します。

 

私達は「基礎」を大切にしています。

それは、施工管理の仕事を目指す人達にとって
この基礎力が将来においてどれだけ大事かを知っているから。

そのため、私達には、人材教育に多大なコストを掛けてでも、一人の技術者として、十分な技量を持ってもらい、仕事に当たる社内文化があるのです。

 

この理想が、秀電社で、実現できているのは、
これまで私達が、大きな仕事から小さな仕事までを堅実に引き受け、
半世紀以上に亘って福岡の町を支え続けてきた実績があるからです。

このように、秀電社では、
年間100件以上の施工管理の現場を得ており、
「充実した技術者ライフ」を送らせてもらっています。

 

秀電社の施工管理に関してもっと知りたい時は、
気軽にお問合せください。お問合せはこちらから。

 

また、秀電社で働いてみたいという方は、
秀電社の人材募集ページからお申し込み出来ます。
よろしくおねがいします!

Back Number

新着情報

Back Number

カテゴリー
アーカイブ

検 索

PAGE
TOP