株式会社 秀電社

『蘇る玄界島の記憶』離島の生活を支えてきた電気工事 ~本工事編~ 2019年7月16日 火曜日

■ 本工事開始!

島の港付近にある下水道マンホールポンプの場所に同じ台船で輸送してきたトラックが到着してから工事が始まります。

先ずは新しいポールと制御盤をトラックのクレーンを使用して降ろす作業から。

 

既設の古いポールと制御盤を外して、新たなポールと制御盤を支える土台を作成します。

 

 

土台を完成させると、その上に新たなポールを立て、そのポールに新しい制御盤を設置。

 

 

制御盤自体もかなりの重量があり、また精密機械でもあるため設置作業は慎重かつ丁寧に行われます。

 

 

通常のマンホールポンプ制御盤の設置工事は数日かかる所ですが、ここは頻繁に通うことが難しいため、技術士を増員して一日で一気に完成させます。

難しい箇所も長年の経験と技術力でカバーしながら計画通り無事に午前中の工事を終わらせることができ、午後はいよいよ制御盤に通電し動作確認へ入ります。

 

 

……………………………………………

Next  ⇒ 新制御盤は無事に動くのか…?!

 

 


▽「共に働く仲間」積極採用中!

▽秀電社って、どんな会社なの?

▽秀電社が実際に実現していること


 

Back Number

新着情報

Back Number

カテゴリー
アーカイブ

検 索

PAGE
TOP