株式会社 秀電社

僅か1ミリ以下の世界を治める『機械工事エンジニア』- お水にまつわるエトセトラ – 2018年11月29日 木曜日

秀電社の機械工事の仕事とは。

 

―入社して5年、機械工事についてどう感じていますか?―

入社時僕は電気工事のグループに配属されていたんですよ。電気工事の基礎を丁寧に教わりそこから機械工事グループへの異動になったので、電気に加え機械工事も出来るようになってきました。

一口に機械工事の仕事と言っても、2週間で終わるものもあれば、半年や1年かかる大掛かりな仕事もあって、実際にはどれも大変です。それぞれの工事の専門的な知識を身につけなければなりませんし、各現場や関わっている人々のスキルも違いますし。

 

―電気の知識も機械の知識も必要で大変ですよね。現場で不安になったりしませんか?―

そうですね。分からない事がある場合は、すぐに質問や確認をするようにしています。そんな時、会社の先輩方は丁寧にアドバイスを下さるので、緊張感は持ちつつも安心して仕事に取り組めています。またコミュニケーションに関して会社が新たなツール等を積極的に取り入れていっているので、その姿勢は大手メーカーさんからも高い評価を頂いています。

 

―会社自体の雰囲気やスキルアップに関してはどう感じていますか?―

雰囲気は良い会社です、アットホームな雰囲気で社員同士の仲が良い所は、楽しんで仕事ができている要素の一つですね。技術向上のための研修があったり、希望者には一社会人として成長するためのマナー研修などを受けさせてもらえたり、これは良いと思っていて。資格を取りたいという人には先輩がアドバイスを下さったり、合格できたら資格手当もあったりして、サポートはしっかりしています。

 

―休日など福利厚生に関してはー

休日はきちんとあるんですが、正直、忙しい時期に有給休暇は取りにくかったりもします。でも休める時はしっかりと休めるメリハリがある会社です。実際に残業になる時もあるんですけど、先輩からフォローしてもらったり、皆で助け合ったりする体制がしっかり整っていますね。その他はレクレーションや社員旅行も充実しています。

 

―では今後の目標を教えてくださいー

ゆっくりとですが、もっと社員全員の活気を上げて、この福岡という街で成長し続けていきたいと思っています。

 


 

皆さんの目に触れることのない場所で心血を注ぐエンジニア達の技術と誇りが、

 

私達の日常に安心して飲める水を運んできてくれています。

 

 

時代は移り変わっても。

 

クライアントであるメーカー担当者の方から伺ったのですが、現在の施工管理業務は一昔前に比べると書類の作成量が大幅に増え、その分工事現場での時間が十分に取れずに苦労している施工管理者も増えているそう。

 

 

「例えどんなに時代が変わっても、実際の現場に必要なのは、たくさんの人と話して、たくさんの事を学ぶ、その現場にしかないものを積極的に感じ取る肌感覚」と貴重なお話も聞かせて頂きました。

 

確かにこれはいつの時代になっても変わらないこと。

 

画面の中だけでは何も生まれませんから。

 

 

秀電社の「機工グループ」は日々このような仕事をしています。

 

 


 

ここまで読んでくださったあなたが、

少しでも機械工事や秀電社に興味を持って頂けていたら、

いつでも気軽に話しかけてください。

 

 

仕事の内容でも、年収でも、休みでも、私達がしっかりお答えします。

 

その行動が、あなたの人生をほんの少し変えるかもしれません。

 

もう少し見て問い合わせてみる

 

 

 

 

SHUDEN,ON TIME

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

 


■「人材募集」について詳しく見てみる

■秀電社がどのような会社なのか知りたい

■秀電社が実現していること


 

 

  • Page:
  • 1
  • 2
  • 3

Back Number

新着情報

Back Number

カテゴリー
アーカイブ

検 索

PAGE
TOP