株式会社 秀電社

家族の新たな写真スポット!?福岡市動物園の新エントランスがついに完成! 2018年10月30日 火曜日

みなさん、こんにちは。【SHUDEN,ON TIME】です。

10月20日(土)に新たにお目見えしたばかりの「福岡市動物園の新エントランス」。同日福岡市の髙島市長などが出席して行われた「新エントランス施設完成記念式典」は多くのメディアで報道され、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

以前この【SHUDEN,ON TIME】でご紹介させて頂いた記事もお陰様で大きな反響を頂きました。

今回は、リニューアルしたエントランス部にまだ足を運ばれていない方やフォトジェニックな写真や撮影がお好きな方、お子様の情操教育を考えているお父様やお母様、家族連れで行ける近場のお出かけ場所を探されている方々に向けて、今回の電気工事に携わらせて頂いた私達がお勧めする5つの新たなフォトスポットをご紹介させて頂きます!

 

 

■電気工事のプロが選ぶ、家族で撮れる動物園新エントランス部の写真映えスポット5選

 

新エントランス外観!

やっぱり新しくなったエントランス部、これはおススメです。

夕暮れ時には室内の電気の色が温かみを増し、更に画になります。

 

 

 

動物情報館 ZooLab

こちらの電気工事もやりがいがありました。

アイコンに手をかざすと園内の動物の場所が分かる「いきものマップ」や生息地での暮らしを映像で見られる「どこからバス」、動物標本の展示や遊んで学べる体験型ブースも設置されています。

 

 

新レストラン Cafe Rassembler(カフェ ラソンブレ)

光や水、森など自然をモチーフとした落ち着きのある都会的なカフェ・レストランで、こだわりの内装は写真映えするポイントがたくさん。食事のみの利用もでき、ママ友とのお茶や子どもとの食事等に嬉しいスポットです。

メニューはお子様用メニューもあり、「地産地消」にこだわって華味鳥や福太郎の明太子、伊都菜彩の野菜等が使用されているそうです。

 

 

 

門の象の像の秘密

最初に皆様を迎えるエントランス階段下の象の像がある門、
これは何かご存知でしょうか・・・?

実はこの門は1933年8月(昭和8年)に開園し、太平洋戦争中の1944年5月(昭和19年)に戦争の影響で閉園となった、福岡で初めての市立動植物園(旧福岡市立動植物園)の正門のレプリカなんです。

 

そして何と実物は福岡県庁傍の馬出小学校に現存しています。

 

こちらが馬出小学校の片隅に現存する旧動物園の正門。

現在の福岡県庁や東公園、県警察本部の所に動物園があったなんて今となっては想像がつかないですが・・

歴史も想いも大切にしている福岡市動物園の粋な計らいですね。

 

 

エントランス部の超貴重なライトアップ ※期間限定

通常ライトアップする事はないそうですが、これは完成直前の試験点灯での光景。動物園の営業が9時から17時までなので中々お目見えすることはありませんが、夏の時期に開催される「夜の動物園」で見られるかも。

 

また、雨は夜更け過ぎに雪へと変わるあの時期にひょっとすると・・?との事でしたので、福岡市動物園の情報はHPのお知らせで随時チェックしてみてくださいね。

 

 

■福岡市動物園から

福岡市動物園の施設担当者の方から「今回のリニューアルの工事に関して、秀電社さんは工事開始前の事前調整から、工事中のスケジュール管理、仕上げまでしっかりと行って頂き安心できました。これだけ大規模な工事だったにも関わらず、関係各部署への細かい調整や様々な気遣い、高い技術力でご協力とご対応頂いた事に大変感謝しています。」とのコメントを頂きました。


※現場代理人の秀電社嶋津(写真左)と福岡市動物園のご担当者(写真右)

大変な現場でしたが、来園されるお客様、動物園の皆様、そして動物達にも優しい光と確かな電気をお届けする事が出来たことに、私達も感謝しています。

 

 

 

■現在秀電社で募集しています

秀電社では、より多くこのような機会を増やしていけるよう、工事や営業を共にできる人材を現在積極的に募集しています。「お問合せだけ」から「社長に直接聞いてみること」まで可能で、2018年11月いっぱいの入社オファーには特典もあります。しっかりとした会社でしっかりと働きたいと転職を考えられている方はこちらをご覧ください。

仲間募集中

 

 

 

■ Shuden Gallery – 福岡市動物園 エントランス部リニューアル  –

 

 

新エントランス部の家族で撮れる写真スポットは、記憶に残る、周囲に自慢できるホットスポットになりそう。

 

是非ご家族やご友人達と足を運んでみてください。

 

 

 

SHUDEN,ON TIME、それでは、また。

Back Number

新着情報

Back Number

カテゴリー
アーカイブ

検 索

PAGE
TOP