株式会社 秀電社

福岡の観光名所「筥崎宮」で見られる貴重な光景!(後編) 2018年10月4日 木曜日

みなさん、こんにちは。【SHUDEN,ON TIME】です。

今回は《福岡の観光スポット「筥崎宮』で見られる貴重な光景!》の後編で、今回も特別な時にしか見られない貴重な光景に纏わるお話です。
※前編はこちらからもご覧頂けます。

 

■楼門開放時のみに見られる”とある”設備

筥崎宮本殿や拝殿のある楼門内は、正月や放生会等特別な時に一般開放されて内覧が可能なのですが、実はその時にしか見られない「ある設備」があるのをご存知でしょうか?勿論神聖な場所で景観を壊さないよう造られているため、門内に入った経験がある方でも気付かれなかった方が多いのでは。

それは主に棟の最上部に設置され、


棟の上に左右に通っている細い線が軒に沿って続き、


門内の細い鉄柱とコンクリートの台座を経由し地面へ繋がっています。

 

そう、これらは「落雷」から建造物を守る「避雷設備」(いわゆる避雷針)。
一般的に落雷時の電圧は約200万~10億ボルト、電流は1千~20万、時に50万アンペアにも達すると言われ、落雷が発生した場合、人の死亡や建物火災等の原因となります。ここ筥崎宮の避雷設備は楼門内にあり、特別に開放された時のみに見る事が出来ます。

 

そして、いつか楼門内に入られた時は、この台座の下部のプレートを覗いてみてください。

実は設置させて頂いたのは昭和42年9月と、もう50年以上も前。
現在も私達が定期点検やメンテナンスを行い、通電等も細部に渡り入念にチェックを行っています。


※こちらは筥崎宮の電気の心臓部となるメインの配電盤。

 


■重要文化財を守る技術者として

国の重要文化財に指定されている本殿や拝殿の「防災設備保守点検」。それを私達秀電社が責任を持って引き受けていますが、由緒ある筥崎宮での電気設備、消火設備、避雷設備、自動火災報知設備等の工事や点検は一朝一夕にできるものではありません。しかも難易度も高く目立つ事もなければ、直接感謝される事も。

それでも、私達は筥崎宮を守ります。

何故なら皆様の安全に私達の技術力が役立てられている事が、技術者である私達の栄誉だからです。

 

筥崎宮の歴史、参拝者の願い、市民の皆様の拠り所が明るくなるよう、

今日もそっと祈りを込めて。

 

 

もし、この記事を読まれているあなたが「秀電社」や私達の仕事に興味を持ってくださったなら、お問い合わせページや人材募集ページから直接質問をしてみてください。社長と直接会って話ができたり、会社の雰囲気が知れたり。実際に秀電社を体感できる会社見学も随時行っています。

 

それでは、また。

Back Number

新着情報

Back Number

カテゴリー
アーカイブ

検 索

PAGE
TOP