株式会社 秀電社

毎年100万人来場の筥崎宮放生会。見所は伝統の技術が照らす「楼門」! 2018年9月14日 金曜日

酷暑と言われた平成最後の夏が終わり、気候も徐々に秋めいて来ましたね。

皆さん、こんにちは。「SHUDEN ON TIME」です。

福岡では9月12日(水)から18日(火)の7日間、子供からご年配の方々まで期間中に延べ100万人が来場すると言われる「筥崎宮放生会(ほうじょうや)」が開催されています。

春の「博多どんたく」夏の「博多祇園山笠」と並び博多三大祭りの一つに数えられる「筥崎宮放生会」は万物の生命を慈しみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝するお祭りで、1000年以上続く最も重要な神事。

全長1キロにも及ぶ参道に多くの露店が軒を連ね、新ショウガや、博多ちゃんぽん、見世物小屋、射的場、輪投げ、うなぎつり等々、子供の頃遊びに行った時は煌々と輝く露店の灯かりと雑踏に、薄く汗ばんだ記憶がある方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、その筥崎宮放生会でのお勧めの見所を2つご紹介します。

一つは国指定の重要文化財「楼門(ろうもん)」のライトアップ。

そしてもう一つは期間中特別に開放される本殿内に設置される提灯。

薄暮と呼ばれる時間帯から夜の帳が降りるまで、美しく儚い灯が点るこの2ヶ所は、歴史と伝統と現在を感じることができます。

———————————————————————————-

この放生会に関して、実は私達秀電社は50年ほど前から本殿の電気工事や放生会での電源の仮設工事を引き受けており、現在まで延べ数千万人以上の方々の「放生会」を照らし続けてきました。


※国指定の重要文化財「楼門」の電灯を丁寧に準備。


※本殿周りの電灯増設工事。

●国指定重要文化財「楼門」のライトアップ

高さ約16メートル、本殿と拝殿の手前に聳える「楼門」は、正面に「敵國降伏」の額を掲げ、紺紙に金泥で色鮮やかに書かれた御宸筆は本宮に伝存する第一の神宝。特に文永11年(西暦1274年)蒙古襲来により焼失した社殿の再興時に亀山上皇が納められた事跡は有名で、額の文字は文禄3年(1594)小早川隆景が楼門を造営した時、謹写拡大したもの。

このような国指定の重要文化財等の傍で行う仕事も任せて頂いているため、細部への配慮と繊細な技術力で応え、点灯の日を待ちます。

 

 

●放生会施設の仮設工事

晩夏とはいえまだ灼熱の陽を浴びる8月下旬から電源の仮設工事を行います。

通常では電気を止めている所に電気を通す為、安全を第一に確保し、高所作業等も遂行。

配電盤から仮設テント等ができる場所まで人力で数百メートルを配線し、来場されるお客様が安全でいられるよう、また電気のトラブルが起こらないよう、時には穴を掘ったり木に登ったりしながら電線の架設や細かい点検を行います。

こうして国道3号線の海側に開設する臨時駐車場の仮設プレハブへの通電が完了。

もちろん、見た目も美しく仕上げます。駐車場をご利用される際は、この記事を思い出して見てみてください。

 

 

●試験点灯のライトアップ

そして、いよいよ。


私達の技術で、主役となる本殿に光を灯します。

楼門内の提灯も一つ一つ丁寧に。

ライトアップされた、夜の放生会、楼門にも是非足を運んでみてください。

 

 

—————————————————————————————

 

筥崎宮から秀電社の技術や姿勢が認められ、電気工事を引き受けて50年。

昭和と平成という二つの時代を共にしてきました。

 

 

知力も体力も必要とする仕事ですが、

この仕事が放生会に来場する皆様の笑顔を作り出す

小さな力になれている事を私達は誇りに思います。

 

 

 

そして、この記事をお読み下さったあなたへ。

 

来年は私たちの仲間として、一緒に放生会行きませんか?

 

仲間募集中

 

お問合せ

 

 

 

期間中、仕事が終わったら、今年も放生会に行ってきます。

では。

—————————————————————————————

☆ 筥崎宮
平安期の923年に遷座されたとされ、応神天皇、その母神功(じんぐう)皇后、神武天皇の母玉依姫命(たまよりひめのみこと)が祭られている。1546年建立の本殿と拝殿、1594年建立の楼門、1609年に黒田長政が建立の一之鳥居、千利休が奉納した石灯籠は国指定重要文化財で、楼門の扁額(へんがく)「敵国降伏」は醍醐天皇の下賜。「勝運の神」としても有名で、福岡ソフトバンクホークスやアビスパ福岡などが例年必勝祈願を行い、新春の伝統行事「玉取祭(たまとりさい=玉せせり)」や、秋祭りの放生会は多くの参拝客で賑わっている。
https://www.hakozakigu.or.jp

 

dedicated to all.

 

Back Number

新着情報

Back Number

カテゴリー
アーカイブ

検 索

PAGE
TOP