株式会社 秀電社

下を向いて歩こう?!「下水道ポンプ設置後の試運転及び行政の確認」(九州は福岡、久山町のマンホールの下にある話) 2018年3月6日 火曜日

こんにちは、SHUDEN, ON TIMEです。

今回は、「下を向いて歩こう?!「下水道ポンプ設置後の試運転及び行政の確認」(九州は福岡、久山町のマンホールの下にある話)」と題して、実際に私たちが、平成30年2月に行った、下水道ポンプ据付工事、及び下水道の整備のお仕事について、書かせていただきます。

 

もはや当たり前過ぎで、日本では特別に取り上げられることは余りありませんが、下水道は、みなさんが生活をする上で、欠かせないものです。ちゃんと下水道が稼働していないと、その町は大変なことになります。
あなたも、トイレの水が安全で清潔に流せないような街には住みたくないですよね。
下水設備がちゃんと機能しないと、汚水が原因となる病気などから、人々や自然環境を守ることが出来ません。
ちゃんとした下水道を設置している街だと、大雨による浸水などの被害を減らすこともできます。
「下水道が整っているからこそ、健康的な町づくりを実現することができる」といっても過言ではないのです。

しかし、下水道を設備するのは、とても大変です。
とくに、地形によっては、どうしても高低差ができてしまい、下水を流すことが出来ない場所というのができてしまいます。そうなると、汚水が溢れ出して、みんなが困ってしまいます。坂が多い町や山間の町ではこういうケースが多く、この高低差が、町や環境について設計をしている人たちを悩ませています。

水は高い所から低い所に向かって自然に流れるものですが、地形上どうしても低い所から高い所へ水を送らなければならない場合があります。その時に必要となるのがマンホールの中にある、水を送り出す「ポンプ」です。もちろん例外もありますが、このポンプがないとその町はトイレの使えない町になってしまいます。

 

そこで、私たちの出番です。
今回、私たち秀電社は、九州は福岡県、久山町のとある山間にある、この問題を解決するため、マンホールポンプを新しく設置しました。


日常、街の至る所で見かける「マンホール」ですが、なかなか蓋の中を見るコトはありません。


今回は下水用ポンプの設置工事の途中に、特別に中をお見せします。

10メートルほどの高低差がある高台の下水管に送るポンプの設置を行い、たまった下水をセンサーが感知しポンプが問題なく稼動するか、細部に亘って確認を行います。中にあるこの「浮き玉」のようなものは、水量で上下することによりマンホールの水がたまり過ぎた時にマンホールへの下水の流入量を調節する役割を果たします。

 

もしこれがなかったり、壊れたり、機能しなかったら、下水が街中に溢れて強い臭いや感染症を起こすなど大変なことに・・・

 

今回設置したマンホールの付近には中のポンプやセンサーを管理する配電盤のようなBOXがあり、この取り付けを行うのももちろん秀電社。一つのミスもないように、細かい部分も、相互に入念な確認を行います。

時には暗くても、狭くても、冷たくても、中に入って細かく確認。

どんなに得意とする仕事でも、持てる全ての技術力、注意力を持って臨む必要があります。

最後はお役所の厳しいチェックを受けるのですが、私たちも積極的にこれに協力して、問題があればすぐに解決します。

それに合格し、OKが出れば工事が終了。

そして、マンホールは、何事も無かったかのように下水設備に蓋をします。

 

中に設置されたポンプ達はひっそりとその街の暮らしを支えるのです。

 

もし、このことを知っていたら、

 

時折下を向いて、歩いてみるのも悪くないかもしれません。

 

人生は前を向いて歩きたいものですが。

 

今回は、以上です。

 

追記1

今回、秀電社が施工させていただいた久山町は、福岡県福岡市の東隣にあり、昭和31年に久原村と山田村が合併して誕生した町で、福岡の中心部から車で30~40分ほどで着く自然豊かなところ。医学界で有名な町であったり、商業施設や温泉もあったり、福岡市に隣接する人気が高い町です。

 

追記2

私たち秀電社は、プラントの電気工事や機械工事などが得意なのですが、水回りの技術は特にご依頼をいただくことが多く、今回ご紹介したように、マンホールポンプ据付工事というマンホールの中にポンプ機械を設置し、低いところから高いところへ水を送るようにする工事をよく請け負っています。長年の実績と、それにより培った技術力で、国内大手メーカーや行政から高い評価を頂いています。

Back Number

新着情報

Back Number

カテゴリー
アーカイブ

検 索

PAGE
TOP