株式会社 秀電社

「違い」を知るプロ愛用の仕事道具! 2018年7月2日 月曜日

みなさん、こんにちは。【SHUDEN,ON TIME】です。

工事現場などでしばし見かける、下の写真のような、
職人さん達が腰のベルトに着けている道具類をご存知でしょうか。
このベルトに付ける道具は使いやすいものだったり、
思い入れのあるものだったりと、業務内容にもよりますが、
実は個人レベルでも違いがあります。

そこで今回は秀電社各部署のプロ達が愛用している仕事道具にスポットを当て、
日々の業務でどのような道具を使用しているか、
や、使用し続ける理由などを紹介させていただきます。

 

工事部 電気グループ
電気工事一筋、入社25年目の内山係長が愛用しているものは
こちらのドライバーとニッパーとスケールの3点。

ドライバーは柄の部分が長く
両手でも回せるVESSEL社製のもの。
あえてグリップ(握り手)の形がプラスとマイナスで
大きく異なる物を使用し作業効率化を図っています
(触るだけでプラスかマイナスか分かるため)。
ニッパーはMERRY社の99W175。
刃の部分がフラットでミリ単位調節でのカットがスムーズにできます。
メジャースケールはメーカー不明の5.5m仕様で
両面の印字・防錆加工がしてある物を使用。
「これらは耐久性、サイズや使用感が良くお勧めです」との事でした。

 

工事部 機工グループ
インフラやプラント工事の心臓部の機工グループで、
ベテランの黒木課長が愛用しているのは「PENTAX  WG-Ⅲ」というコンパクトカメラ。

現場で施工管理の仕事が多い秀電社の機工グループにとって
管理や報告のためにコンパクトカメラはまさに必須のアイテム。
時には数千枚を超える現場の撮影を行うため、耐久性も機能性も求められます。

「他のカメラとの違いは防塵・防水・耐衝撃性に優れていて、
環境的にハードな現場や暗所での撮影にも対応できる所ですね。
常時携帯するので、サイズや重さが丁度良いのも使い続ける理由です」と語る。
「 WG-Ⅲ」は当時のPENTAX社製で、3年前に3万円ほどで購入。
間もなく買い替えの時期を迎えるようですが、後継機種を購入予定だとか。

 

■設計部
お客様のビジョンを実現するための設計図を作っている設計部。
その設計部の熊本係長の愛用ツールは設計のPC使用時に使う「マウス」。

熊本係長が使用しているマウスは
「Logicool社製のM400(箱の方はM500)」で、
3年前に6000円くらいで購入したもの。
設計業務は長時間画面上で精密なポインターの動作を必要とする為、
「読み取り方式が高い精度で動きを感知できるレーザー式のものを選び、かつ、
形状や握り具合、重さ等がフィットする所がこれを使い続ける理由」と話す。
マウスは使用頻度が高く、故障してもすぐに対応できるよう、
常に2台持ちをしているそうです。

 

■営業部
人と人とを技術で絆ぎ続けていく秀電社の営業部。
そこで活躍する15年目の係長水田が愛用しているのは
「YOSHIDAカバンのPORTER 2WAY BRIEF CASE」と
「HIOKI社のクランプメーター 3280-10」。

「PORTERは15年選手。頑丈でシルエットも美しく、
マチ幅が調節できるため1泊の出張にも使えます」とのことで、
価格は奥様からのプレゼントのためプライスレスだそう。

もう一点は、10年前に1万円程で購入したHIOKI社の「クランプメーター」で、
こちらは電流等を計測する機器で多くの電気工事士に愛される名品。
水田はこれを常時鞄や車に入れており、
営業職でも電気の知識や技術、資格をしっかり習得し、
取引先等で不具合があった時は、直ぐに診断と対応を行っています。

 

総務部
発展的堅実経営を支える総務部で、経理のスペシャリストの田中が
お勧めするアイテムはCASIO社の「JH-12VTの電卓」。



汎用性もあり同業者の中でも評価が高く、
1年半前に大手家電量販店で1200円ほどで購入。
「PCと使い分け、特別な伝票や急な計算を行う際等には
使い勝手が良いですね」と語る。
1日数百回電卓を叩くこともあるため、
ブラインドタッチを行う時のキーの大きさや、
打ちやすい配列、タッチ感の深さも良く、
一般的に販売されていてコストパフォーマンスも◎。

 

 

秀電社の工具や倉庫は社員全員の意識でいつも整理整頓され、
持ち出しや返却の入出庫はPCできっちりと管理しています。

そして毎年6月には社員たちが自らが始めた
会社全体の自主点検「圧着工具点検」を行い、
小さな工具一つでも、その品質保持に気を配っています。

物を大切に使える人は、
他人や仕事に対して
同じように大切にする心で
接することができる

と、秀電社の社員は知っています。

 

自分らしさを大切にしながら、
周りとの調和を図り、
安全性を最優先にすることができるのも
秀電社クオリティー」の一つです。

Back Number

新着情報

Back Number

カテゴリー
アーカイブ

検 索

PAGE
TOP