株式会社 秀電社

【前編】『人類が造る最も大きな構造物』で活躍する電気工事の技術士達! 2019年10月1日 火曜日

 

■ ダムの種類と活用の目的

日本には大小約3000以上のダムがあり、日々水を貯めたり河川の水量を調節したりしています。世界では中国の三峡ダムやアメリカのフーバーダム、日本では富山県にあり「黒部の太陽」という小説や映画にもなった黒部ダム等が有名ですね。

 

ダムはその土地の地盤や地形にあった「構造上の種類」によってタイプがあり、それは「コンクリートで造られるコンクリートダム」と「岩や土を積み上げて造られるフィルダム」の2種類に分類されます。そしてコンクリートダムには重力式・アーチ式・中空重力式・バットレス式等、フィルダムはゾーン型・表面遮水型・均一型等、更にその形状で分かれています。

※各特性を併せた持った複合型もあります。

※アーチ式コンクリートダム

 

※重力式コンクリートダム

 

 

またダムは目的によってその役割が異なり、その目的は大きく「治水」と「利水」に分類されています。

・治水:防災に寄与し、洪水の調整などを行うもの

・利水:農業や工業用水、水道水、水力発電、生態系維持などに役立てられるもの

※治水と利水、複数の目的を持つダムは多目的ダムといいます。

 

 

このような分類の仕方から「○○ダムは、治水目的で作られた重力式コンクリートダム」などと呼ばれています。

 

 

 

 

……………………………………………

Next  ⇒ ダムでは1cmの誤差も厳禁!!!

 

 


▽「共に働く仲間」積極採用中!

▽秀電社って、どんな会社なの?

▽秀電社が実際に実現していること


 

  • Page:
  • 1
  • 2
  • 3

Back Number

アーカイブ

検 索
カテゴリー
新着情報

Back Number

PAGE
TOP