株式会社 秀電社

【2018年秋完成予定】福岡市動物園の新エントランスにご注目! 2018年5月9日 水曜日

今秋リニューアルされるエントランス部の裏側!

今回は、福岡市民なら誰しも一度は訪れたことがある「福岡市動物園」で今秋リニューアルされるエントランス部に秀電社の技術(と心)が役立てられている、そんなお話です。

みなさん、こんにちは。福岡の電気工事を支え続けて50年。【SHUDEN,ON TIME】のお時間です。

福岡市の中央部に位置する「福岡市動物園」は昭和28年(1953年)に開園し、今年で65年目を迎える福岡の人気名所の一つ。天神や博多からバスが1時間に数本出るなどアクセスも良く、様々な動物たちを観たりイベントに参加できたりして楽しむことができます。

 

その福岡市動物園は平成18年度から全体的な大規模リニューアルを進め、平成28年9月より動物園正門エントランス部(総合案内所や正門前ロータリー)の工事を本格的に開始。私達秀電社はそこでエントランス部や駐車場の電気工事、機械設置工事を引き受けています。


もちろん動物園自体は正門、券売所、総合案内所を仮設してしっかりと営業中ですので、どんどん遊びに行ってください!

 

今回リニューアルされるエントランスや駐車場等の完成予想図。
(※福岡市動物園HPより)

この画の中で私達が工事を引き受けているのが、中心部にある建物で、完成すると皆さんを最初にお迎えする大切な役割を果たす場所になります。

 

その動物園の顔とも言える「エントランス部の工事」の担当は秀電社の來嶋(くるしま)(写真左)と、全体の施工管理を行う現場代理人の嶋津(しまづ)(写真右)。


二人は常に安全と高効率化を図り、毎日真剣に業務に取り組んでいます。

 


「現場をいかにまとめていくかが腕の見せ所ですね」と話す嶋津は、現場の工事も、交渉・折衝も行えるベテランの工事士。

動物園自体は営業中のため、発電機など大型機械の搬入や据付等の工事が夜間に行われたりすることもあり、その際の近隣住民への挨拶や交通規制など、周囲とのやり取りや工程を熟練の技術と知識で組上げながら、手際良く陣頭指を執っていきます。


そして若手実力派の來嶋は「デザインを具現化する意匠設計にいかに柔軟に対応し、安全かつ高品質なものを完成させるか」を意識し、常にそれに挑んでいます。

「状況に応じた重機の選定や、二重、三重に厳しく確認を行う仕様書の社内チェックをクリアし、クライアントに安心してもらえる品質の高さが秀電社のプライドです。」と静かに、力強く語ってくれました。

 

今回の工事における「秀電社クオリティー」の一つは、構造物へ設備機器などを取り付ける際に使用するアンカーボルト施工後の「引抜試験(強度テスト)」と「自主検査」を細かく的確に行っている所。

このアンカーボルトとは、コンクリートに孔をあけ、専用のボルトを挿入してしっかりと機器等を固定するもので、多種のアンカーから適正なものを選び適切に施工すると必要な強度を得られるものの、選定ミスや不良施工があった時は大きな事故に繋がることもあります。

 

更に工事で数多く使用される場合はその分、引抜試験の技術もコストも必要になるため、
最初の選定基準をクリアしているとなかなか細かく試験が行われることはありません。

 

ですが、秀電社では敢えて細部に亘り試験を行います。

 

勿論耐震強度や品質保持の為でもありますが、それはクライアントや、クライアントのお客様の安全・安心を常に優先しているから。

そしてそれを実現可能にしているのは、合格率が半数と言われる「第1種あと施工アンカー施工士」の資格や、「コストを抑え実行できる高い技術力」、そして何より「プロの工事士としての誇り」が秀電社にはあるからなのです。

 

今回の動物園エントランス部リニューアルで、秀電社はほぼ全ての場所の電気に関する工事を担当しています。

みなさんの目に触れることになるかもしれないこの場所のコンクリートの壁の中でも、


このように電線を通す配管が通っていて、
見えていない場所でも、図面通り丁寧に、きっちりと良い仕事をします。

 


※この「輪」はリニューアルが完成したら、皆さんが目にすることになるかも・・

 

私たち秀電社は、50年以上かけて

コツコツと技術力を磨き、培ってきました。

 

 

「秀電社のクオリティー」はその小さな積み重ねの上にあり、

多くの発注元から認められて、大きな信頼と評価を頂いています。

 

電気工事や機械据付に関して、少しでも知りたいことや気になる事がありましたら、気軽に声をかけてください。

http://www.shuden.co.jp/contact/

 

 

いよいよリニューアルまであと半年。

 

 

今年の秋のリニューアルオープン後、

飲食店や駐車場、エントランス、お手洗い等から「光」が見えたら、

 

今回の「SHUDEN,ON TIME」を思い出してくださいね。

 

Back Number

新着情報

Back Number

カテゴリー
アーカイブ

検 索

PAGE
TOP